Dr's TABLE

  • Dr's TABLE LINE

open 11:30 / close 19:00 (Closed Saturdays)

tel.03-6452-5683

Satoko’s レシピ #3

2018.11.28

こんにちは。
デイリーフードアーティスト・料理家の臼倉里佳です。
カゼインフリーを意識していると、チーズの風味が恋しくなりますよね。
また、乳製品アレルギーの方がご家族にいらっしゃる場合は、一緒の食卓を囲む中で、アレルギーの方だけいつも別な食事、というのも寂しいですよね。
そんな時は、白味噌・梅干し・アーモンドパウダー等で作る粉チーズ風に挑戦してみてみませんか?
【白味噌で作る粉チーズ風】
・白味噌 10g
・梅干し 5g(できれば、皮と種以外の果肉の部分)or 梅酢 5g
・ぬちまーす 小さじ1/2 (ぬちまーすがなければ、粒の細かい天然塩)
・アーモンドパウダー 40g
・菜種油 10g
【作り方】
1)梅干しを刻み、白味噌とぬちまーすと練り混ぜる。
2)1にアーモンドパウダーを加え、全体が均一になるように混ぜる。
3)菜種油を入れ、全体にまわるようにさらに混ぜる。
4)天板に敷いたクッキングシート等に広げ、110度で予熱したオーブン(段がある場合は上段)に入れ、10分程度加熱する。
5)一度オーブンから出し、全体をほぐして前後を入れ替え、さらに10分程度加熱し、パラパラにする。(さらにパラパラにしたい場合は、その後、スイッチを切った後、庫内に5分程入れておく)
6)オーブンから出し、冷まします。
※塩加減はお好みに合わせて調節してください。
※オーブンの温度や時間は、目安となります。(ガスオーブンの場合は、100度で設定がおすすめです。)
梅酢で作る方が均一に混ぜやすいのですが、梅干しを使う場合は、大粒の梅干しですと皮と種以外の果肉の部分が取り出しやすく、作りやすいと思います。
もちろん、皮を含めても、細かく叩き刻めば作れますよ!
もう少し風味が欲しい時は、ぬちまーすの量を少し増やして、にんにくを細かく刻んだものを少量入れたり、クッキングシートに広げる前に、にんにくの断面をこすりつけたりしても良いです。
これからホリデーシーズン!乳製品フリーの食卓で、パスタ等をちょっと華やかにしたい際に、こちらのレシピを思い出してみてください。
********************************

プロフィール
臼倉 里佳 うすくらさとか
デイリーフードアーティスト・料理家
イタリアンレストランや披露宴会場で料理人・企画・商品開発として10年以上勤務。
妊娠出産を経て、人の体を作る栄養や日々の食事の大切さを考えるようになり、
東京都世田谷区でイタリアンを中心としたおもてなし料理と普段の食事への活用を教える料理教室、Cooking Studio-Fin を主宰。
Smart Food協会のインストラクターとして、健康増進と疾病未病につながる知識と調理も教える。