Dr's TABLE

  • Dr's TABLE LINE

open 11:30 / close 19:00 (Closed Saturdays)

tel.03-6452-5683

Satoka’s レシピ #4

2018.12.11

こんにちは。
デイリーフードアーティスト・料理家の臼倉里佳です。
前回は白味噌の粉チーズ風をご紹介しましたが、今回はそれをパスタのトッピングとして使うレシピをご紹介したいと思います。
粉チーズ風と相性の良いトマトパスタです。
ドクターズテーブルのラーメンセットに入っているグルテンフリー麺をこのように洋風にアレンジできます。
ラーメンとしてだけでなく、パスタとして使っても美味しいんですよ。
◆豚挽肉と白菜のトマトソースパスタ (グルテンフリー麺を使って)
【材料】2人分
・ドクターズテーブルのグルテーンフリー麺 180g(1パック)
・豚挽肉 100g
・ニンニク 1片 (みじん切り)
・菜種油 大さじ1
・塩、胡椒 適宜
・白味噌の粉チーズ風 大さじ2〜3
A)
・玉葱 小1個 (1cm角切り)
・粗越しトマト水煮 380g程
・白菜 1〜2枚分 (1cm幅の短冊切り)
・菜種油 大さじ1
・塩 少々
*菜種油はオリーブオイルでもOK
【作り方】
1)Aの材料を用意し、小鍋に菜種油を熱し、玉葱を塩少々を炒めます。
2)玉葱が透き通ってきたら、粗越しトマト水煮を加え、沸騰させます。
3)白菜を入れ、弱火にし、10〜15分ほど煮込み、塩で味を整えます。
4)フライパンに菜種油大さじ1を熱し、そこにニンニクを入れ、弱火で香りを出します。
5)良い香りがしてきたら、豚挽肉を入れ、塩・胡椒して炒めます。
6)3)で作ったトマトソースの3/4ほどの量を入れ、一度煮立たせます。
7)グルテンフリー麺を、塩を入れたお湯で茹で、6)のソースと絡めます。
8)お皿に盛り付け、白味噌の粉チーズ風を仕上げにかけて、出来上がり。
玉葱と、旬を迎えた白菜の入った、食物繊維たっぷりのトマトパスタソースに、豚挽肉でタンパク質をプラスしました。
トマトソースは、分量通り作ると1/4程余りますが、その残ったソースで、翌日の夕食のチキンや魚にソースとしてかけても活用できます。
1回のトマトソース作りで、2回美味しい思いをしちゃいましょう!
ちなみにラーメンの麺だけも店頭で販売しています。
詳しくは店頭でお問い合わせください。
*************

プロフィール
臼倉 里佳 うすくらさとか
デイリーフードアーティスト・料理家
イタリアンレストランや披露宴会場で料理人・企画・商品開発として10年以上勤務。
妊娠出産を経て、人の体を作る栄養や日々の食事の大切さを考えるようになり、
東京都世田谷区でイタリアンを中心としたおもてなし料理と普段の食事への活用を教える料理教室、Cooking Studio-Fin を主宰。
Smart Food協会のインストラクターとして、健康増進と疾病未病につながる知識と調理も教える。